イルガサンDP300

イルガサンDP300は広範囲の抗菌スペクトルをもつ優れた殺菌消毒剤であり、

低濃度でグラム陽性菌、陰性菌およびカビ菌などに対して有効です。

皮膚刺激や毒性がなく、安全性の高いことが各種試験によって明らかにされています。

皮膚に使用する場合、皮膚上の通過菌を除去すると同時に常在菌を制御し、

皮膚に対する親和性により洗浄後も作用が持続します。さらに近年は、B型肝炎ウイルスに対する

不活化作用が報告されて以来、広く医療関係の世界で利用されています。

安  全  性

◎ラットにおける急性径口LD50(半数致死量)は4530~5000mg/kg

◎ラットに急性径口LD50の10%量を1ヶ月間径口服用した結果、有害な反応は見られなかった。

◎マウスの皮膚に1週間に3度ずつ、18ヶ月間塗布しても癌的症状は全くなかった。

 多くの動物実験、人体実験の研究によりイルガサンDP300は、皮膚に対して刺激を与えず
 皮膚感受もありません。

 また、もし偶然に少量が口に入ったとしても、害はないということが認められています。

◎その他イルガサンDP300は金属製のメス、ハサミ、ピンセットなど7日間浸漬しても腐食しなかったという報告があります。




インターネットより抜粋